仕事を知ろう/営業(ルートセールス)

Y・M大阪営業所 2012年入社 近畿大学経営学部卒

他部署からの情報収集を行いながら、
お客様とコミュニケーションすることが大切。

入社のきっかけは

身近な人で関連していた人も多かった業界。
業界大手で、働きやすそうな雰囲気で決めました。

最初から営業職を希望していました。人と接する仕事に就きたかったからです。身近な人で食肉業界に関連する人が多かったのでもともと親近感のある業種でした。エスフーズは、その身内から聞いて知っており、この業界では大手だとも聞いていました。あと、学生時代に焼肉屋でバイトをしていて、肉も好きだったことなどもあり、エスフーズにエントリーしました。会社説明会や面接の際に本社に訪れた時の印象は、大きな会社だなということと、出会った方もしっかりしており、ここで働いてみたいなと思えました。
現在の仕事

大阪の担当エリアにある、
決まったお客様を相手にしたルートセールス。

焼肉屋、精肉店、スーパーなどを担当しています。担当エリア内の決まったお客様へのルートセールスだけでなく、新規開拓も行っており、先輩などに教わりながら、最近では新規も少しづつ取れるようになってきました。一日の流れは、出社後、8時からの朝礼を終え、電話やFAXで注文のあった商品をトラックに積み込みます。早めの昼食を会社の食堂で取った後、担当エリアへ営業&配達に回ります。ここではお客様とのコミュニケーションが最も大切になります。17時頃に営業所に戻り伝票処理やら翌日の段取りを整え、一日を締めくくります。
これからの課題

まずお客様がいかに満足してもらうかが重要。
そのためには、様々な情報を収集ししっかり提供していくこと。

ここ最近は、肉の値段が高騰しているため、お客様が利益を出して、満足して貰いながらも、どうやって売上・利益に繋げていくかに頭を悩ましています。大事なことは、お客様の売れ行き状況をしっかり確認し、提供したい商品の案内や紹介だけではなく、肉のあらゆる情報や相場などを他部署から情報収集して、お客様に伝えていくことですね。現在は、和牛の扱いが多く、輸入肉の商談にあまり行けていません。輸入肉の情報も仕入れながら、商談に繋げていくのが目下の課題です。また、新規開拓にもより力を入れていきたいと思っています。
EndBody