仕事を知ろう/営業(製品担当).1

K・H製品事業推進部推進課 2012年入社 和歌山大学経済学部卒

さらにお客様に喜んで頂けるような
製品作りに取り組んでいきたいと考えています。

入社のきっかけは

人々の生活にとって必需品である
食に関連する会社を希望していた。

衣食住に関わる仕事に興味があり、特に食品メーカーを希望していました。こてっちゃんは以前から知っている商品でしたが、こういった誰もが知っているような明確な商品を持っている企業に入社したいと考えていました。規模の大きさにも魅力を感じ、また誰もが知っているような大手メーカーと競合し肩を並べていることに驚きを持ったのと同時に企業としての基盤の大きさを知りました。会社を訪問してみると、男性が多い職場かと思っていましたが、以外に女性社員も多く、会社の雰囲気もやわらかい感じで少しイメージと異なりました。
現在の仕事

営業と工場の間を取り持ち、新製品作製の依頼から
サンプル作製、量産体制の確立、拡販までが仕事。

営業と工場の間を取り持つのが仕事ですね。具体的には工場への製品作製の依頼とその調整、また、営業にその製品を案内し、拡販に繋げていくのが主な業務となります。商品としては、もつ系商品や牛タン、その他お客様から依頼されて作製するプライベートブランド品などです。製品が出来ていく流れで言うと、企画から始まり、工場へのサンプル品作製依頼、チェック確認、ゴーが出たら量産体制を確立していき、製品が完成すれば営業へ案内していきます。新たな製品へのオーダーは日々受けるので、その対応に工場への連絡はひっきりなしになります。そしてのその後の拡販業務にも積極的に取り組んでいます。
これからの課題

バランスを整え、妥協ポイントを探るのが難しい。
今後は、さらに喜ばれる良い商品作りを行いたい。

最も難しいのは価格設定です。モノの値段はどんどん高くなっているのですが、消費者は安くておしいいものを求めている。そのため、その妥協ポイントをどこにするのかが最も頭を悩ませるところです。消費者にも喜んでもらい、お客様も利益が出て、営業も喜ぶようにバランスを整えていくのが本当に難しいところです。その反面、すべてがうまく言った時はとてもやりがいになります。あと単純に、売り場に商品が並ぶと喜びを感じますね。今後ですが、もっとお客様のところに出向いていき、より客の声を聞いて新たな商品を生み出し作って、さらに喜んでもらえるような製品作りに取り組んでいきたいと思っています。
EndBody