仕事を知ろう/営業(製品担当).2

N・K製品事業推進部販促課 2010年入社 甲南大学文学部卒

良い商品をより多くお客様の元へ届ける。
そのために、製品づくりと仕組み作りが仕事。

入社のきっかけは

自分の好きなモノを売りたい。
好きなこてっちゃんの会社に入りたいとエントリー。

学生時代は正直、自分が何をやりたいのかよく分かっていませんでした。ただ、就活をしていく中で、自分の周りのものや、衣食住に関することに目を向け始め、どうせ売るなら、自分の好きなモノを売りたいと思うようになりました。焼肉が好きだったことと、自宅でよくこてっちゃんが出ていて好きだったので、この会社を探そう!と思い立ち就活サイトからエスフーズに応募しました。面接を担当してくださった方に魅力を感じていたことと、どの企業よりも先に「あなたを採用したい!」と言われ、選考が進んでいる他の会社を全部断ってエスフーズに入社しました。
現在の仕事

工場と営業の架け橋のような仕事。
それぞれの立場の人が満足するような製品作りが難しい。

会社の加工製品をクライアントにより多く買って頂くために、新たな製品のアイデアを出し製品化に繋げ、その製品の販売促進となるよう、エスフーズの営業に働きかけ、営業担当者と共にクライアント先へ提案に行きます。ひとことでいうと、工場と営業の架け橋のような仕事ですね。加工製品は、利益率が高く、ニーズも高い。何より他社との差別化に繋がります。ただ、クライアント先だけではなく、エンドユーザーにも、営業にも満足してもらえるよう、それぞれの立場の人の、様々な意見や要望を取りまとめて、どこにポイント置いていくのかの兼ね合いやバランスが難しいですね。
これからの課題

売る気にさせる、何かあれば声が掛かるなど、
売れるための仕組みづくりがもっとも重要な課題。

主な製品としては、こてっちゃんをはじめ、タレや味付け肉、ポン酢などがあります。最近のもので言うと、特殊な加工を施した「網彩サーロイン焼肉」があります。これらの製品は、社内的には利益率は高いのですが、いくら良い商品でも、営業マンを売る気にさせなければ売れませんし、クライアントやお客様の元に届きません。したがって、今もっとも重要視している課題は、売れるための仕組み作りです。営業マンを売る気にさせること、また、クライアントから、新製品の要望があった時に、いち早く声が掛かるような仕組みです。やれることはまだまだたくさんあります。
EndBody