仕事を知ろう/製造.1

J・S船橋第二工場 製品課 2014年入社 東京農業大学応用生物科学部卒

やはり人を動かしていくのは難しい。でも、
少しづつ経験して、成長していきたい。

入社のきっかけは

バラエティミート市場を開拓したことに共感。
会社の雰囲気も堅苦しくなく好印象でした。

大学時代、食品に関連することを学んいたことと、生活に欠かせないモノを扱う会社を希望していたため、食品関連メーカーに絞って就活していました。中でもエスフーズに興味を持ったのは、こてっちゃんが出来た経緯や、バラエティーミートを市場を作ったという実績でした。自分自身も新しいことにチャレンジしたり、今までに無いものを開拓することが好きだったので大いに共感しました。また、面接や会社訪問時に感じた堅苦しくない雰囲気も好印象で、ここなら自分の言葉で話が出来る会社だと感じました。ここ以外に、行きたいと思った会社はなかったですね。
現在の仕事

入社後、各工場で製品づくりを体験したあと配属。
機械調整や不具合検品、パートへの指示や管理が主な業務。

実際に入社してみても、就活の際の会社への訪問時に感じた、親近感のあるという雰囲気は変わりませんでしたね。入社後は、西宮の本社で研修後、こてっちゃんやタレ製品を製造する西宮第二工場で小腸のカットや検品、西宮第一工場で生肉のカットなどを経験しました。その後、船橋工場に正式配属となりました。現在は、肉とタレと野菜を入れる充填作業の調整や不具合検品、パートへの指示や管理が主な業務となります。毎日微調整が必要なため、その感覚を掴むのが難しく、最初は、機械の扱いになかなか慣れませんでした。
これからの課題

まだ自分が担当している場所しか見えていない。
全体の流れが分かるよう経験を積みたい。

機械の扱いは慣れましたが、パートさん達との関わり方が本当に難しいと感じています。しかし逆に、自分が先を予測して動いて、パートさん達へ指示を出して、すべてがうまくいった時は嬉しく、大きなやりがいを感じますね。まだ一年目で、仕事を覚えている段階なので、自分が担当している場所しか理解できないことが多いのですが、今後は、全行程を経験した上で、全体の流れを掴み、次に何をすれば良いのか分かるようになり、もっと広範囲の仕事が出来るようになっていきたいですね。
EndBody